男の料理の仕方

Ossanでみそ担々麺

Ossanと聞けば、その響きに加齢臭や額に光る脂を想像します。
決して聞こえのいい言葉ではありませんが、一度耳にすれば印象に残ります。
そんなお店のOssan。
長野市川中島にあります。

ぱっと見た印象で入りやすいわけでもない駐車場の配置、少し離れたところに停めやすい駐車場がありました。
夜でも人の多い店内は、その店名の通りOssanで賑わってました。

イチオシのメニューは、みそ担々麺。
油そばの、みそ脂もオススメのようです。

大盛り、メガ盛り、替え玉とある中で、何がどれくらい違うのか分からなかったので聞いてみたところ、メガ盛りは2.5玉と聞いたように思います。
店員さんの驚いた表情にビビリ、大盛りのみそ担々麺をお願いしました。

Ossanでみそ担々麺

美味いです。
とても深く印象に残る味というわけでもありませんが、安心して人に紹介できる味です。
間違いないと。

大盛りをお願いしましたが、替え玉、もしくはメガ盛りでも良かったかもしれません。
そんな満足度でした。

らあめん寸八戸倉店で豚骨醤油

寸八といえば松本市の人気ラーメン店。
それがいつの間にか千曲市戸倉にオープンしていました。
まったく知らずにいて、たまたま検索をして見つけ、これは行かなくては・・・と使命感に燃えて出かけることにしました。

行ってみると、もともとくるまやラーメンがあった場所にそのまま店名を変えて寸八がありました。
ちょっと入りづらい交差点の脇で、店内はくるまやラーメンそのもの。

定番の豚骨醤油を頼んで楽しみに待っていました。

らあめん寸八戸倉店で豚骨醤油

出てきた豚骨醤油は、キャベツと大きなチャーシューの乗った期待通りの見た目。
食べた食感は、、、
ちょっと期待感が高すぎたか・・・?
という印象で、これはやはり松本へ行って食べなくては・・・という気持ちになりました。

白樺荘でカツカレー

南アルプス南部の入口ともいえる静岡県静岡市葵区。
この旧井川村は望月さんというトレイルランニングのスターを生んだ土地です。
深い山々に囲まれた環境を見れば、それも納得できるような場所でした。

携帯の電波は届かず、ただただ温泉とグルメを楽しむだけ。
そんな白樺荘で頂いたのはカロリーたっぷりなカツカレー。
他にも注目したいジビエ系のメニューはありましたが、しっかりカツカレーを戴きました。

白樺荘でカツカレー

どこでも味わえるような安心のカレー。
尖った味はいらない安定のカツカレーでした。

こんなカツカレーだったら何度も食べてしまうと思います。

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

過去の記事

男の料理